新人看護師の離職率の高さ

日本の少子化問題は、深刻な問題となっており、その少子化の影響をモロに受けているのが、医療の現場ですね。

看護師の国家資格試験を受験する人数は、年々増えているのですが、1年未満、新人のころに離職する看護師が後を立たず、現場は万年人員不足のようです。

新人看護師たちは、小さい頃から描いてきた憧れの看護師の世界に足を踏み入れ、喜び満ちた毎日を過ごしているのでは・・・と想像するのは、看護師に期待を抱く周囲の人間だけでしょうか。

いざ、無事に資格が取得でき、初めての現場を目の当りにしてみると・・・自分自身の描いてきた夢と、現実の世界が大きく違っていることに気づき、退職を決心するようです。

こちらの看護師の悩み相談サイト(新人ナース | 看護師の掲示板【ナースカタリーナ】)を見ても実に多くの新人看護師が悩みを抱えているんだということがわかります。

新人看護師の離職率は、他の業種に比べ、圧倒的な高さを誇っております。

総合病院などの大きな病院は、比較的働きやすいシフトでの勤務ができるそうですが、小規模の入院施設のある病院は、経費削減のために看護師の数も減らしております。

そうなりますと、一人の看護師にかかる責任の重さも重くなり、その重圧に負けてしまう看護師も少なくないのです。

ベテラン看護師でも重圧に負けてしまうのですから、新人看護師が負けてしまうのも、分かる気がしますね。

Comments are closed.